更新情報

平成28年度 入学式

2016.04.09

4月7日に入学式が行われました。

その模様をお伝えします。

国歌斉唱のあと、生徒の呼名とともに入学が許可されました。

今年度は全校で357名の入学生を迎え入れました。

IMG_4329

 

 

次に、学校長式辞。理事長、父母の会会長様より祝辞をいただきました。

学校長式辞

IMG_4334

「新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

ただ今入学を許可した一人ひとりが、この二松學舍の新しい仲間となりました。二松學舍は来年140周年を迎える、伝統ある学び舎です。その本校生徒としての自覚と誇りを持ち、ここで出会った仲間と共に互いに高め合うように行動してください。

夏目漱石は漢学ばかり学んでいたが英語を修めなければじっとしてはいられぬと思い英語を学んだ。漱石の英語学習のポイントは3つ。自分で苦労して頑張る。何でもと欲張る。3年粘る、でした。ぜひ皆さんも漱石の学びを見習い、中学生は6年先、高校生は3年先の大学進学をはっきりと志し、学習やクラブなどの課外活動に対しても、頑張り、欲張り、粘ってほしいと思います。

努力と言えば野口英雄です。努力だ、勉強だ、それが天才だという言葉を残しました。世の中には天才的な能力を身に付けている人もいますが、多くはいません。私たちは頑張り、欲張り、粘る努力が必要です。そして、校歌にも努力の姿勢が歌われています。仲間と共に、高らかに校歌を歌い、励まし、高め合う努力の若人であってください。」

※全文はこちら

 

理事長式辞

IMG_4337

「二松學舍は今年で139年を迎えます。国語の二松學舍と言われ、よい伝統を持っているわが国でも有数の学校です。

ご入学おめでとうございます。

新入生の皆さんには2つの事をお話しします。

1つ目は「学校の勉強をどう進めるか」です。みなさん一人ひとり素質や能力を持っていて、大切なのはそれがどこにあるかを知り、どう伸ばすかです。好き嫌いではなく、まんべんなく一生懸命勉強してください。そして視野を広げてください。

2つ目は「豊かな人間力を身に付けて欲しい」と思います。本校の校訓である「仁愛・正義・誠実」が大切です。それを身に付けるために4つの心が大切です。「思いやりを持つ」「正義を持ちルールを守る」「うそ偽りのないこと」「意志を強く持つこと」が大切です。」

 

来賓祝辞

「新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

皆さんは厳しい受験を乗り越え、この入学式を迎えました。緊張と期待に胸を膨らましているのではないでしょうか。6年後、3年後の自分をイメージし、目標を立ててください。そして、6年後、3年後、自分はどのようになっていたいか、どのようなことが必要か、じっくり時間をかけて考えることが大切です。さまざまな壁が立ちはだかることがあるでしょう。その時は、先生、友達、家族に相談しながら、様々な方法を考え、壁を乗り越え、一人ひとり3年後の目標に辿り着くよう努力することを期待します。」

 

 

中学校、高等学校それぞれ代表者1名ずつ新入生誓いの言葉を述べてました。

中学校代表

IMG_4341

 

高等学校代表

IMG_4343

二人とも、立派な姿勢で、これからの目標を語ってくれました。

 

最後に校歌斉唱を行いました。

 

IMG_4349

 

新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。

二松学舎で素晴らしい学校生活を送りましょう。

 

ページ上部へ