2つのコース制で、育む。伸ばす。鍛える。

 二松柏は「社会に貢献できる人材」を育てることを目的に、「人間力の向上」と「学力の向上」を教育の2本柱としています。教育の特色は「論語教育」と「探究教育」です。今年145周年を迎える二松学舎大学の伝統は中学校でも引き継がれ、『論語』を通じて豊かな人間性を育み、自身の生き方に向き合う教育を6年間かけて深めていきます。
 さらに本校では早い段階から「探究教育」の開発実践に努めており、2つのコース制において本校の教育の特徴をより充実発展させていきます。「探究教育」の3つの軸は、「学習支援プログラム」「自問自答プログラム」「進路支援プログラム」。3つのプログラムを通じて、これからの時代に一層必要とされる「思考力、判断力、表現力、コミュニケーション力」を中学時代に徹底的に鍛えます。そして自ら進路を切り拓いていく力を獲得し、希望の進路合格を目指します。





グローバル探究コース

新しい時代を「探究」し、社会に貢献する⼈材を育成する


グローバル探究コース メイン画像
【グローバル探究コース】の6つの特徴

①高度な学習内容に加えて、「グローバルな学び」をプラスしたコースです。

②自らの進路を実現させる学習を設定し、6年間で最難関大学に合格する力を養います。

③中学時代に主体的に学ぶ姿勢を身につけ、課題発見から解決まで自問自答する力を鍛えます。

④異文化や多様な価値観を認める真のグローバルリーダーを目指します。

⑤4つの柱を持つ「NISHO GLOBAL PROJECT」で学びを深めます。

⑥中学2~3年時に1度は海外語学研修に参加します。



自慢の「NISHO GLOBAL PROJECT」

◆ プレゼンテーションプログラム・7限実施
(PRESENTATION PROGRAM)

◆ 特別体験プログラム
(SPECIAL LEARNING PROGRAM)

◆ パワーアップイングリッシュプログラム
(POWER UP ENGLISH PROGRAM)

◆ 海外研修プログラム
(STUDY ABROAD PROGRAM)

 

最難関大学を受験する力を養い、真のグローバルリーダーを育てる

◆ 教員メッセージ ◆

グローバル探究コース 先生画像


 このコースの「グローバルな学び」は4本柱から成り立っています。それぞれがとても魅力的なプログラムです。


土屋 圭司 教諭
 

◆ 生徒メッセージ ◆

グローバル探究コース 生徒画像


 テーマに基づいて話し合いやスライド作成をします。友達の意見を知ることでより深く考えることができます。生徒中心で行うため、自分で考え行動する力が身につきました。


楠 珠里亜 さん
 



 


総合探究コース

新しい未来を「探究」し、社会に貢献する⼈材を育成する


総合探究コース メイン画像
【総合探究コース】の6つの特徴

①小テスト等で一人ひとりの理解度を的確にフォローし、学力を必ず伸ばします。

②基礎から高度な発展学習まで、成長段階にあわせて授業の進度と深度を高めていきます。

③自ら課題を設定してその解決に取り組み、6年間で難関大学に合格する力を養います。

④(家庭学習用)365ノートとスケジュール帳は毎朝提出、学習習慣の定着を徹底させます。

⑤担任・副担任・教科担当者との情報共有を密に取りながら学習サポートを継続的・包括的に行います。

⑥中3全員を対象に海外修学旅行を実施し、希望者(中2・3)はオーストラリア研修、セブ島語学研修に参加できます。



大切にしている4つのポイント(学習面)

◆ より高い目標設定

◆ 主体的な学習態度

◆ 自学自習の習慣

◆ 着実なステップアップ

 

6年間で難関大学受験に対応。主体的に判断し、自己の進路を切り拓く

◆ 教員メッセージ ◆

総合探究コース 先生画像


 どの生徒にも「勉強が楽しくなる瞬間」が必ずあると思います。二松柏は「理解できた! さらに難しい問題に挑戦したい!」という一人ひとりの感動をとても大切にする学校です。


池田 卓馬 教諭
 

◆ 生徒メッセージ ◆

総合探究コース 生徒画像


 先生と距離が近く、授業内容質問も気軽に聞けてわかりやすく教えていただけます。クラスメイトとは勉強で競い合い、また学校行事では楽しく協力しながら思い出を作れます。


渡部 大輝 さん
 





中学校
中学校資料請求 高等学校資料請求


二松学舎145周年特設サイト 「NEP」二松柏土曜英語プログラム教室 広報誌「修己治人」 動画で見る二松のスクールライフ(YouTube) 在校生・保護者の方へ 卒業生の皆様へ 学食だより スクールバス時刻表 ホットコンパス 校歌紹介 募金のお願い(教育研究振興資金) 教員募集
電子図書館
 


ページのトップへ