学校評価

本校では、法人が二松学舎創立135周年を機に策定した長期ビジョン「N‘2020plan」に基づき、その実行計画である「アクションプラン」で各分掌、各学年における教育内容の質的改善、生徒への支援体制の充実、強化や施設設備をはじめ以下の具体的な改革を実行しています。

  1. 二松学舎大学附属柏中学校・高等学校の「ビジョン」の浸透
  2. 愛校心の育成
  3. 教育の充実、進学校化への取り組み
  4. 国際化への対応
  5. 地域との連携
  6. 教育の実践、充実

自己評価としては、各分掌、学年で2/3内部評価、年度末内部評価の形で検証しています。教員それぞれは年度個人目標を定め、校長面談を行い、年度末には自己評価した上で副校長(教頭)による1次評価、校長による2次評価を経て最終的に法人による評価がなされます。

校内では、全校生徒を対象にした授業アンケート、卒業生とその保護者によるアンケートを実施します。また外部評価委員会を設置し第3者からの多角的で幅広い意見を 集約し、学校教育活動に生かしています。

以下平成27年度、卒業生とその保護者によるアンケート結果(抜粋)を掲載します。

調査結果サマリー

03テーマ別 満足度比較_20160602

テーマ別 満足度比較

02調査結果サマリー_20160603_ページ_1 02調査結果サマリー_20160603_ページ_2 02調査結果サマリー_20160603_ページ_3 02調査結果サマリー_20160603_ページ_4 02調査結果サマリー_20160603_ページ_5
ページ上部へ